HOME / Work shop / 倉田健次
 
2015年監督作品
『藍色少年少女』
2015年脚本作品
『君がいなくちゃだめなんだ』
 
第9回目となるKURUWAワークショップ。
今回は2009年にサンダンス・NHK国際映像作家賞を受賞した倉田健次氏をお迎え致します。
近年の作品では、
(監督作品)
『リトルウイング』(2014) 、『藍色少年少女』(2015)、『誘拐の午後』(2013)、『EVERY TIME WE SAY GOODBYE』(2014)
(脚本作品)
『君がいなくちゃだめなんだ』(2015)、『Bad Moon Rising』(2015)
などKURUWA制作作品も含め、数多くの作品を手がけております。

今回のワークショップでは、まだ映像化されていない倉田監督オリジナル作品を中心に参加者と共に時間をかけ突き詰めていき、
さらに監督に1本の超短編を書き下ろして頂き曲輪制作で全メンバーでの映像作品撮りを予定しております。

今回で二回目となる同氏のワークショップ、前回参加した方々の中からも数多くKURUWAが携わる作品にキャスティングさせて頂いております。

【講師】
倉田 健次 Kenji Kurata (映画監督・脚本家)
【期間】
7月 15(水)、22(水)、23(木)、29(水)(4 回)
8月 5(水)、6(木)、12(水)(3回)
撮影  8月18(火)、19(水)、20(木)  (監督のスケジュールにより若干の日程変更はあります)
   *8 月に撮影を予定しております。

【時間】 (1) 13:00~17:00 / (2) 18:00〜22:00  (各定員10名)
【金額】
¥32,400 消費税込 (口座振込)
※書類選考後、合格者にのみ、お振込口座番号をご連絡いたします。
※合格者の方は、合格のご連絡の際に記載させて頂く期日迄に指定の口座に受講料のお振込をお願い致します。
※分割相談可
【募集人数】
約20人(昼・夜 各10名)
2015年7月10 日(金)締切り。書類選考の上、参加確定者にKURUWA からご連絡いたします。
(人数に関してはバランスにより変動する可能性があります。)
【講師プロフィール】
倉田 健次 (くらた けんじ) 岐阜県高山市出身。
1993 年、ビジュアルユニット“e.g.t.”結成。
インディペンデント作品を製作しつつ、映像制作会社・ゲーム会社を経て、現在は映像作家 / シナリオライター / プランナーとして活動中。
中篇作品『緋音町怪絵巻』では山形国際ムービーフェスティバルにて「デジタルガレージ賞」受賞。同年ロサンゼルス・ウエストハリウッドにて開催されたChanoma 映画祭正式出品。2010 年京都アニメーション大賞脚本部門にて「歌詠」奨励賞受賞。
またアメリカの映画俳優 / 映画監督であるロバート・レッドフォード氏が主宰するサンダンス映画祭と非営利団体サンダンス・インスティテュート、NHK により共同設立された、次世代を担う新しい映像作家の発掘/支援、世界の映像文化への貢献の為の大賞として全世界から集められる脚本及び映像作品から4 人の受賞者が国際審査委員団により選出される「サンダンス・NHK 国際映像作家賞2009」にてグランプリを受賞。

【応募方法】
書類選考有り
応募の締め切りは2015年7月10日(金)まで。(締切日より早く応募を終了させて頂く場合がございます。)
応募希望の方は、
・プロフィール(名前と顔と経歴が分かれば簡単なもので構いません)
・希望時間帯 (1)13:00〜17:00 (2)18:00〜22:00
pluck@kuruwa.jp まで送信してください。(お問い合わせも同アドレスまでお願い致します)



ページトップに戻る
     
 
SITE MAP  /  Priversy Polisy  
Copyright (C) 2011 KURUWA.llc All Rights Reserved